FC2ブログ

麻雀を覚えよう ~初心者のための麻雀講座~

麻雀初心者になんとか麻雀を覚えてもらおうと画策するサイトです。さらに上級者の方には身勝手な麻雀理論をぶつけます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鳴きを覚える!! 

麻雀における鳴きとは?

対戦相手が場に捨てたものを、自分が使うことによって手を先に進めることを言います

この鳴きは、鳴いた形によって、ポンチーカンの3種類があります。
この3種類を個別に見ていきます。

 


 


ポン

自分の手の中に、2枚同じ牌があり、それと同じ牌を対戦相手の3人の内誰かがが捨てた場合にポンと発声して自分のところに持ってくることをいいます。

手の中sou6.gifsou6.gif  相手の捨て牌sou6.gif
     ポン
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
手の中sou6.gifysou6.gifsou6.gif
こんな感じです。

 


 

 チー
 
自分の手の中に、2枚連続した数牌、もしくは、1,3のようにあいだが抜けた数牌のときに、自分の左隣の人(上家)が捨てた牌で、3枚の連続した数牌になる場合に、チーと発声して、自分のところに持ってくることをいいます。

手の中sou7.gif sou8.gif   相手の捨て牌sou6.gif
    チー 
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

手の中sou7.gif sou8.gif ysou6.gif

こんな感じです。

もう一つ

手の中sou5.gif sou7.gif   相手の捨て牌sou6.gif

    チー

   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

手の中sou5.gif sou7.gif ysou6.gif

こんな感じです。

 


 

カン

カンは他の2つと違って種類が3つあります。

  • 自分の手の中に3枚同じ牌があり、対戦相手が同じ牌を捨てた場合。これをミンカンといいます。
  • 自分の手の中で4枚同じ牌がある場合。これをアンカンといいます。
  • すでにポンをしていて、それと同じ牌を自分で持ってきた場合。これをチャンカンといいます

 ミンカン

手の中sou6.gif sou6.gif sou6.gif   相手の捨て牌sou6.gif

     カン

   ↓↓↓↓↓↓↓↓

手の中sou6.gif sou6.gif sou6.gif ysou6.gif

 

アンカン

手の中sou6.gif sou6.gif sou6.gif sou6.gif

     カン

   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

手の中ura.gif sou6.gif sou6.gif ura.gif

 

チャンカン

手の中 ポンした牌sou6.gif ysou6.gif sou6.gif   自分で持ってきた牌sou6.gif

    カン

   ↓↓↓↓↓↓↓

手の中sou6.gif ysou6.gif sou6.gif sou6.gif

 

カンの注意事項

カンは特殊な鳴きなので、注意事項をいくつか挙げます。

  • カンをしたら、不足した1枚を王牌(ワンパイ)から1枚リンシャン牌を持ってきてから1枚捨てる。
  • 相手の捨て牌でチャンカンはできない!!
  • カンドラを表示してドラを1枚増やす.(ルールしだい)
  • アンカンをした牌であがることはできないが、チャンカンをした牌ではあがることができる
  • カンは4回すると流局になる(例外として一人で4回した場合は続行)

王牌(ワンパイ)とは、局の始めにとり始めたところから逆に数えて7列目までの14枚のことを言います。

この牌を通常の場合は持ってくることはありません。

リンシャン牌とは、王牌の一番後ろ(取り始めた方を前にして)から2列のことをさします。

とる順番は一番後ろの列の上の段からとり、次にしたの段、後ろから2列目の上の段、下の段の順です。

 

これは重要なことなのでしっかり覚えていてください。

特に、リンシャン牌を持ってくること

チャンカンをした牌ではあがることができるこの2つは

忘れないようにしてください。

 


 

 鳴きにおける注意事項

鳴いた場合は、鳴いた面子はみんなに見えるように置かなければなりません

そのときに気をつけるのは、鳴いた相手と鳴いた牌ががわかるようにさらすことです

そして、置く場所は、自分からみて、台の右端です

左側の人(上家(カミチャ))から鳴いた場合

ポンytyun.gif tyun.gif tyun.gif   カンytyun.gif tyun.gif tyun.gif tyun.gif   

チー(6ソウ鳴き)ysou6.gif sou7.gif sou8.gif   ysou6.gif sou5.gif sou7.gif   ysou6.gif sou4.gif sou5.gif

鳴いた牌は順番に関係なく左側に置く

向かい側の人(対面(トイメン))から鳴いた場合

ポンtyun.gif ytyun.gif tyun.gif    カンtyun.gif ytyun.gif tyun.gif tyun.gif

 

右側の人(下家(シモチャ))から鳴いた場合

ポンtyun.gif tyun.gif ytyun.gif    カンtyun.gif tyun.gif tyun.gif ytyun.gif

トイメン、シモチャからのチーは存在しません!!

鳴いたときにツモ(牌をもってくること)はできません

  • 例えば、シモチャからポンをした場合は通常次のツモはトイメンになりますが、そのツモはできず、自分がポンの処理をしたら次は、またシモチャがツモをして、通常のツモになります。これをツモ順が変わる、または、ツモ順を飛ばすといいます

チャンカンの場合は、ポンをした相手がわかるようにする

  • これは、ミンカンのように置く方法と、ポンをしたときに横にした牌の上に横にしておく方法がありますが、チャンカンをしたことがわかるように後者を取るのがベストだと思います。

鳴いたら、上がりでないかぎり、ツモをしたときと同じように1枚捨てます。

カンをしたら王牌(ワン牌)から一枚リンシャン牌を持ってきます。

以上を忘れないようにしてください。

 


 

鳴きのメリット・デメリット

メリット

  • 不要牌をつかむことが無いので、早く手が進む
  • ツモを飛ばすことで間の人のツモを1枚減らせる。
  • カンをすればカンドラが増える。
  • 相手のリーチ後1順目に鳴けば、一発という役をなくすことができる

デメリット

  • 捨てられる牌が少なくなるので、安全牌が減る。
  • 鳴けば必ず、その牌をさらすことになるので、その牌から役等を推測されやすくなる。
  • カンドラは、相手にもメリットになってしまう。
  • 鳴くと成立しなくなる役や、価値が下がる役がある

鳴きは、麻雀において重要な役割をはたします。

その反面、デメリットも多く使い勝手が難しいものです。

そのため、うまい人ほど、鳴きはピンポイントで使います。

この鳴きで、上級者かどうかの判別が可能なほどです

初心者の方は、なるべく鳴くことをしないで、

自分の手の中で役を作ることを覚えてください。

じゃないと、いつまでたっても初心者ですよ

 

 

 

スポンサーサイト

[ 2009/01/28 11:32 ] 鳴きを覚える | TB(0) | CM(0)

麻雀の進め方 

麻雀の進めかた

 


まず、初めて麻雀をやるかたは、ネット麻雀からはじめることをお勧めします
なぜなら、ネット麻雀なら、席決め、牌をとり始める場所など、ある程度のことを省く事ができます。
流れを知るだけならこれで十分だと思います。

よってここでは、ネット麻雀で最低限覚えておかなければならない進めかただけを書かせていただきます。

この3つに分けて説明します。

 


 


ゲームの始まり

まず、ゲームの長さを決めます。
どこのサイトでも、東風戦半荘戦(東南戦)の2つ、もしくは、どちらか一方が必ずあります。
東風戦が短く(15分ぐらい)、半荘戦が長い(30分ぐらい)です。
それのどちらかを選びます。
そして、始める場所を決める、
もしくは、自動で対戦相手をみつけてくれるボタンがあるので、それを押してください。

そうすれば始まります。

基本的に持っている牌は13枚で、そこに一枚を持ってきて14枚にして、
あがることができなければ、1枚捨てて、13枚に戻します。
これをどんどん繰り返して麻雀は進みます。

 


 


ゲーム進行

まずこの図を見てください↓↓↓
majan1
この図は、ハンゲームというネット麻雀の画面になります。
真ん中に、南1局と書かれているところがあります。
これが、どれくらいゲームが進んでいるかをあらわしています。
まず、東1局から始まり、 続いて、東2局、東3局、東4局となります
ここまでを東場(トンバ)といいます。
さらに続いて、南1局、南2局、南3局、南4局となり、
ここまでを南場(ナンバ)といいます。

東風戦ならば東場のみで、
半荘戦ならば東場、南場両方をやることになります。


1局の長さ

上の図をもう一度見てください。
真ん中の南1局と書かれた四スミに、
東南西北と書かれています。
この東と書かれている人が、ということになります。
そして、それ以外の人が、になります。

この親が次の人に移動すると1局が終了します。
親の終了条件は2つしかありません。

  • 子の誰かが役を作ってあがる
  • 持ってこれる牌が0枚になる


この二つだけです。

役とは、基本的に14枚の牌を使って作ります。
同じものを3枚、もしくは、萬子(マンズ)、荘子(ソウズ)、筒子(ピンズ)の同じ種類の234など連続した数字の3枚をひとまとめにしたものを4つ、
あと、同じものを2枚をひとまとめにしたものを1つ、
これで基本形になります。

もともと持っている13枚の牌に、自分で持ってきた牌を1枚足して14枚のときにこの形ならあがること(ツモという)ができます。

また、他の人が捨てた牌でもその牌であがれることができるなら、あがること(ロンという)ができます。


man2.gifman2.gifman2.gif man3.gifman4.gifman5.gif pin2.gifpin2.gifpin2.gif pin3.gifpin4.gifpin5.gif sou3.gifsou3.gif
こんな感じが基本形です。

例外の形(同じものを2枚づつ7つ集める等)もありますが、基本的にこのような形になります。
これに、様々な条件を当てはめて役となります
この図では、1,9牌と字牌がないので、タンヤオという役となります。

この条件はたくさんあるので、ここでは説明を省きます。

覚えておくことは、


子があがったら、親が変わる!!

これです。

逆にいうと、親が上がった場合には、親は変わらず、その人がもう一度親をやります
二度目の親1本場といいます。
本場は、0本場から始まり、親が変わるまで増えていきます
上のハンゲームの図を見てください。
百点棒のマークがあり、その右となりに0と書かれています。
これが、0本場をあらわしています。

もうひとつは、

持ってこれる牌が0枚になったときに親が変わる !!

これを、流局といいますが、このときに親が聴牌(テンパイ)をしていた場合も親が変わりません。
テンパイとは、もう一枚で上がれる状態のことを指します

トップに戻る


 
ゲームの終了
ゲームの終了条件は2つです。

  • あらかじめ決めていた場数が終わる
  • 4人のうち誰かが持ち点が、0点よりも少なくなる



決まっていた場数とは、東風戦なら、東場が終わった時点、
半荘戦なら、南場が終わった時点ということになります


持ち点が0点より少なくなるとは、はじめたときには、今の主流では全員が25000点を持っています。
それが、誰かが上がったり、流局時にテンパイをしているかしていないかで点数が増減します。
その結果、0点よりも少なくなることがあります。そうなると、払う点がなくなるので、終了ということになります。
これを箱われもしくは飛ぶといいます。
ただし、0点ちょうどの場合には、そのまま続けることができます

終了時点で点数の多い順に1位から4位までが決まります。
もし、同じ点数の人がいた場合は、ゲームが始まった一番初めの、東南西北がそのまま優先順位になります。
例えば、はじめに親(東家)だった人と、西家だった人が同じ点数の場合には、親だった人が上の順位ということになります。

トップに戻る

 


これだけ覚えればネット麻雀をすることはできます。
なので、どんな初心者もここで一度やってみてください。
そのときに、ロンツモだけを気にしてください。
これは、あがるときに使うボタンで、あがることができれば押せるようになります。
形ができても押せない場合は、が無くあがることができません。
ポン、チー、カンは無視をするようにしてください。
2,3試合もすれば、流れもわかりますし、わからないこともわかってきます。
その上でわからないこと、疑問に思ったことをさらにこのサイトで先に進んで覚えていってください。




[ 2009/01/15 23:53 ] 麻雀の進め方 | TB(0) | CM(0)

麻雀とは? 

麻雀とは?
麻雀とは基本的に4人で行うゲームです。
麻雀牌といわれる独特な136枚の牌を使って
ポーカーでいうワンペアやフルハウスのような役を作っていきます
その役に応じて点数が決まり、その点数を取り合いながら、
ゲームを進めていきます。

賭け事と関連してあまり印象がよくないのですが、
そのわりに、やっている人は多く、
麻雀愛好家の数は何千万人もいるといわれています。


これが、オンライン麻雀のイメージになります↓↓↓
このイメージは、ハンゲームというサイトのイメージとなります

majan1







[ 2009/01/13 12:26 ] 麻雀とは? | TB(0) | CM(0)

麻雀に必要な道具 

麻雀に必要な道具

麻雀に必要なものは、

この5つです。
それでは、一つ一つみてみます。

 


 

 

その言葉の通り人です。
とはいっても、麻雀をやろうという人です。
それを、最低でも4人集めなければ、通常の麻雀はできません。

3人でもできますが、その場合は、三麻といわれる通常とは違う
3人麻雀のルールが適用されます。

 このページの先頭に戻る


 

 場所とテーブル  

まず、4人が集まれる場所がなくては麻雀はできません。
さらに、テーブルの置けるスペースも必要になってきます。

テーブルに関していえば、決まったきまりはありません
ですが、できることなら麻雀マットといわれる通常緑色の表にフチの付いたものがあるので、それを使うようにしたほうがいいと思います。
麻雀マットは、麻雀の牌を売っているおもちゃ屋などでも売っています。

さらに今はすばらしく、全自動卓といわれるものも売っています。
これがあると、はっきりいってものすごく楽になります。
ですが、使わないときにものすごく邪魔なので、しょっちゅうやる人以外には、用のないものだと思います。

これが麻雀マットです。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



 

 このページの先頭に戻る


 

麻雀牌(まーじゃんぱい)

麻雀牌とはその名の通り、麻雀で使う牌です。
萬子(ワンズ、マンズ)筒子(ピンズ)索子(ソウズ)字牌(ツーパイ)の4種類があります。
萬子、筒子、索子は、1~9まであり、
字牌は、東、南、西、北、白、發、中の7種類あり、
全部で34種類となります。
そして、全部が4枚づつあり、34種類136枚を通常使うことになります。

他に、花牌と呼ばれる敗が8種1枚づつありますが、使ったことがありません。なので、覚える必要はないと思います。

man1.gif man2.gif man3.gif man4.gif man5.gif man6.gif man7.gif man8.gif man9.gif  萬子(ワンズ、マンズ)
 pin1.gif pin2.gif pin3.gif pin4.gif pin5.gif pin6.gif pin7.gif pin8.gif pin9.gif  筒子(ピンズ)
 sou1.gif sou2.gif sou3.gif sou4.gif sou5.gif sou6.gif sou7.gif sou8.gif sou9.gif  索子(ソウズ)
 ton.gif nan.gif sha.gif pei.gif haku.gif hatu.gif tyun.gif  字牌(ツーパイ)

これで、34種です。↑↑↑↑

次に呼び方ですが、
1~9を順にイー、リャン、サン、スー、ウー、ロー、チー、パー、チューと呼びます。
萬子では、イーワン、リャンワン・・・という風に、
数字の後ろにワンをつけ、
筒子では、イーピン、リャンピン・・・という風に、
数字の後ろにピンをつけ、
索子では、イーソウ、リャンソウ・・・という風に、
数字の後ろにソウをつけて呼びます。

字牌は、上の表を左から東南西北白發中と書き、
順にトン、ナン、シャー、ペー、ハク、ハツ、チュンと呼びます。

覚えるときは、東西南北白發中をそれぞれひとまとめにして、
トンナンシャーペーハクハツチュンを呪文のように
順番どおり覚えてください
この順番が後々必要になってきます。

 

このページの先頭に戻る

 


 

点棒
棒状のものに、黒や赤の点が付いたもので、
その名の通り点数のやりとりをするときに使うものです。

他に、リーチ宣言をしたときや、場数が増えたときとかにも使います。

点棒は、4種類あります。↓↓↓

hboubig.gif 百点棒
sboubig.gif 千点棒
gboubig.gif 五千点棒
mboubig.gif 一万点棒



この4種類の点棒を組み合わせて、点数のやりとりをします。

このページの先頭に戻る

 


 


サイコロ
これは、普通のサイコロです。
ただし、必ず2つ用意してください。
サイコロを同時に2つ投げて、その二つの合計の数字で、親決めや、
牌を取る位置を決めたりと、ゲームの進行に必要なことを決めていきます。

このページの先頭に戻る


[ 2009/01/12 23:22 ] 麻雀に必要な道具 | TB(0) | CM(0)
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。