FC2ブログ

麻雀を覚えよう ~初心者のための麻雀講座~

麻雀初心者になんとか麻雀を覚えてもらおうと画策するサイトです。さらに上級者の方には身勝手な麻雀理論をぶつけます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鳴きを覚える!! 

麻雀における鳴きとは?

対戦相手が場に捨てたものを、自分が使うことによって手を先に進めることを言います

この鳴きは、鳴いた形によって、ポンチーカンの3種類があります。
この3種類を個別に見ていきます。

 


 


ポン

自分の手の中に、2枚同じ牌があり、それと同じ牌を対戦相手の3人の内誰かがが捨てた場合にポンと発声して自分のところに持ってくることをいいます。

手の中sou6.gifsou6.gif  相手の捨て牌sou6.gif
     ポン
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
手の中sou6.gifysou6.gifsou6.gif
こんな感じです。

 


 

 チー
 
自分の手の中に、2枚連続した数牌、もしくは、1,3のようにあいだが抜けた数牌のときに、自分の左隣の人(上家)が捨てた牌で、3枚の連続した数牌になる場合に、チーと発声して、自分のところに持ってくることをいいます。

手の中sou7.gif sou8.gif   相手の捨て牌sou6.gif
    チー 
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

手の中sou7.gif sou8.gif ysou6.gif

こんな感じです。

もう一つ

手の中sou5.gif sou7.gif   相手の捨て牌sou6.gif

    チー

   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

手の中sou5.gif sou7.gif ysou6.gif

こんな感じです。

 


 

カン

カンは他の2つと違って種類が3つあります。

  • 自分の手の中に3枚同じ牌があり、対戦相手が同じ牌を捨てた場合。これをミンカンといいます。
  • 自分の手の中で4枚同じ牌がある場合。これをアンカンといいます。
  • すでにポンをしていて、それと同じ牌を自分で持ってきた場合。これをチャンカンといいます

 ミンカン

手の中sou6.gif sou6.gif sou6.gif   相手の捨て牌sou6.gif

     カン

   ↓↓↓↓↓↓↓↓

手の中sou6.gif sou6.gif sou6.gif ysou6.gif

 

アンカン

手の中sou6.gif sou6.gif sou6.gif sou6.gif

     カン

   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

手の中ura.gif sou6.gif sou6.gif ura.gif

 

チャンカン

手の中 ポンした牌sou6.gif ysou6.gif sou6.gif   自分で持ってきた牌sou6.gif

    カン

   ↓↓↓↓↓↓↓

手の中sou6.gif ysou6.gif sou6.gif sou6.gif

 

カンの注意事項

カンは特殊な鳴きなので、注意事項をいくつか挙げます。

  • カンをしたら、不足した1枚を王牌(ワンパイ)から1枚リンシャン牌を持ってきてから1枚捨てる。
  • 相手の捨て牌でチャンカンはできない!!
  • カンドラを表示してドラを1枚増やす.(ルールしだい)
  • アンカンをした牌であがることはできないが、チャンカンをした牌ではあがることができる
  • カンは4回すると流局になる(例外として一人で4回した場合は続行)

王牌(ワンパイ)とは、局の始めにとり始めたところから逆に数えて7列目までの14枚のことを言います。

この牌を通常の場合は持ってくることはありません。

リンシャン牌とは、王牌の一番後ろ(取り始めた方を前にして)から2列のことをさします。

とる順番は一番後ろの列の上の段からとり、次にしたの段、後ろから2列目の上の段、下の段の順です。

 

これは重要なことなのでしっかり覚えていてください。

特に、リンシャン牌を持ってくること

チャンカンをした牌ではあがることができるこの2つは

忘れないようにしてください。

 


 

 鳴きにおける注意事項

鳴いた場合は、鳴いた面子はみんなに見えるように置かなければなりません

そのときに気をつけるのは、鳴いた相手と鳴いた牌ががわかるようにさらすことです

そして、置く場所は、自分からみて、台の右端です

左側の人(上家(カミチャ))から鳴いた場合

ポンytyun.gif tyun.gif tyun.gif   カンytyun.gif tyun.gif tyun.gif tyun.gif   

チー(6ソウ鳴き)ysou6.gif sou7.gif sou8.gif   ysou6.gif sou5.gif sou7.gif   ysou6.gif sou4.gif sou5.gif

鳴いた牌は順番に関係なく左側に置く

向かい側の人(対面(トイメン))から鳴いた場合

ポンtyun.gif ytyun.gif tyun.gif    カンtyun.gif ytyun.gif tyun.gif tyun.gif

 

右側の人(下家(シモチャ))から鳴いた場合

ポンtyun.gif tyun.gif ytyun.gif    カンtyun.gif tyun.gif tyun.gif ytyun.gif

トイメン、シモチャからのチーは存在しません!!

鳴いたときにツモ(牌をもってくること)はできません

  • 例えば、シモチャからポンをした場合は通常次のツモはトイメンになりますが、そのツモはできず、自分がポンの処理をしたら次は、またシモチャがツモをして、通常のツモになります。これをツモ順が変わる、または、ツモ順を飛ばすといいます

チャンカンの場合は、ポンをした相手がわかるようにする

  • これは、ミンカンのように置く方法と、ポンをしたときに横にした牌の上に横にしておく方法がありますが、チャンカンをしたことがわかるように後者を取るのがベストだと思います。

鳴いたら、上がりでないかぎり、ツモをしたときと同じように1枚捨てます。

カンをしたら王牌(ワン牌)から一枚リンシャン牌を持ってきます。

以上を忘れないようにしてください。

 


 

鳴きのメリット・デメリット

メリット

  • 不要牌をつかむことが無いので、早く手が進む
  • ツモを飛ばすことで間の人のツモを1枚減らせる。
  • カンをすればカンドラが増える。
  • 相手のリーチ後1順目に鳴けば、一発という役をなくすことができる

デメリット

  • 捨てられる牌が少なくなるので、安全牌が減る。
  • 鳴けば必ず、その牌をさらすことになるので、その牌から役等を推測されやすくなる。
  • カンドラは、相手にもメリットになってしまう。
  • 鳴くと成立しなくなる役や、価値が下がる役がある

鳴きは、麻雀において重要な役割をはたします。

その反面、デメリットも多く使い勝手が難しいものです。

そのため、うまい人ほど、鳴きはピンポイントで使います。

この鳴きで、上級者かどうかの判別が可能なほどです

初心者の方は、なるべく鳴くことをしないで、

自分の手の中で役を作ることを覚えてください。

じゃないと、いつまでたっても初心者ですよ

 

 

 

スポンサーサイト

[ 2009/01/28 11:32 ] 鳴きを覚える | TB(0) | CM(0)
Lc.ツリーカテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。